トピックス(新着情報)

【親子カヌー教室】
5月24日(土)
親子カヌー教室(8:00〜16:00)
カヌーや手漕ぎボートを使って加勢川を満喫してください。
問い合わせ先:加勢川開発研究会 会長 井村 紘(090-1736-6488)

  

【オリジナルTシャツプレゼント】
加勢川開発研究会は今年で25周年を迎えました。
当会ではこれを記念してか、オリジナルTシャツを制作!!
ハワイに行っても、堂々と着用できるデザインとなっています。
このオリジナルTシャツを「1名様」にプレゼントします。(よっ!太っ腹!)
もちろんプレゼント等の水増しはありません。送料も無料です。


応募は無記名で簡単です。入力フォーム(ここをクリック)に必要事項を記入するだけ。
 応募締切:平成25年11月29日(金)午後11:59まで
 抽選日:平成25年11月30日(土)
 ※当選者には、入力されたメールアドレスにメールしますので、送付先と名前を教えてください。
 (入力フォームに入力されたメールアドレスにメールを送信しますので、間違いの無いようにお願いします。)
 発送方法:エクスパック500による郵送

坪井川川くだり
 月3日(木)〜5月6日(日)まで、坪井川において川くだりを実施します。
 時間は10:00〜16:00です。
 その他詳細は後日掲載します。


川尻月間
が始まりました。
 詳しくは「くまもと工芸会館」のホームページで!!
   クリック→http://www.kumamoto-kougei.jp/

泊まり小屋が完成しました。
     
炭づくりのための準備を始めました。加勢川に鳥がたくさん見られるようになりました。
  
投網の補修技術等について勉強中
 投網の補修・制作等に必要な技術を習得中です。成果は合せ打のページで順次データUPしていきます。
まずは補修に必要な道具から準備(一部製作!!)

  

 
わせ打ち道場の設置と竹灯籠
 合わせ打ちで必要となる「投網」と「櫓漕ぎ」の練習ができるよう、練習場を設置しました。投網練習場は投網が無いとできませんが、櫓の練習台では櫓を常設しておりますので、練習ができます


 また、9日から始まる船上月見会に合わせて、熊本水遺産である「中無田閘門」を幻想的に魅せる「竹灯籠」を作成しています。(幻想的にできるかどうかは保証できませんが・・・)船上月見会にこられる方も、そうでない方も一度足を運んでみてください。(天候により中止する日があります)



ベント情報更新
 アップ遅くなりました。イベント情報を更新しました。
ベント情報更新
 中無田閘門の改修工事完成を記念して閘門通行体験学習を開催します。


        ※上の写真左が「改修前」、真ん中が「改修中」、右が「改修後」
ベント情報を掲載&料を追加
 12月から23年4月までのイベント情報を掲載しました。
 また、「各種発表資料」のコーナーを「各種資料」に変更し、加勢川などに関する資料のコーナーを設け、中無田閘門の概要を追加しました。ご自由にご覧ください。

ベント情報を掲載
 11月のイベント情報を掲載しました。また、財団法人信友社より信友社賞を受賞しました

無田閘門の底に石が点々とあると以前記載していましたが、この目的について遅ればせながらお知らせします。
昔の船は櫓や竹竿を使用し船を漕いでいました。中無田閘門の前後および閘門内での操船はどちらかといえば竹竿を使用するため、この竹竿がつるつる滑らないように、石をあえて露出させ、この部分で竹竿が止まるようにされているとのことです。


ベント情報を掲載
7月から9月までのイベント情報を掲載しました。

ンケート調査を実施中です。
時間がある方は回答をお願いします。(2011年3月31日まで実施)

く川尻船着場跡が国の史跡に指定される予定です。(熊本日日新聞記事)
この場所は江戸時代に年貢米の集積・搬出拠点として多くの船が着く港でした。
新幹線工事により、若干昔の風景とは変わってしまいましたがいい場所です。
下の写真は「船着き場」と「公衆トイレ」(中央のレンガ造り)です。
(右の写真は改修前の写真です。)


無田閘門の緑川側の樋門取り替えなどの工事が始まりました。
完成は来年3月頃です。
(右の写真は、水が無くなった閘門内の様子。石が点々と点々とありますが、この目的は何だと思いますか?)


「加勢川の風景」を募集します。

活動実績2010
を新たに作成。

メルマガ会員募集中!定期的にメールをお送りします。
※下記アドレスのメールが受信できるよう事前設定(ドメイン指定)をしておいてください。
 @kasegawakaihatsu.net

  個人情報保護方針

-降水短時間予報-

もどる